Universe

Universe-Ground・Water・Wind・Thunder・Four Seasons Flowers and Birds View
Universe-地水風雷四季花鳥図

H1168 x W2730 mm
Wood panel / Maruni Gilded Japan Paper / Digital UV Print Art
ウッドパネル / マルニ洋金箔絹目入和紙 / デジタルUVプリント
Supported by Roland DG

Client : KYOBI
Producer : Prof. Shingo Ando (KYOBI)
Artist : Baron Ueda
Printer : Tomoaki Ito (Roland DG)

UNI01

デジタルで仕上げられた繊細な塗りと線。
洋金箔押和紙に最新技術のUVプリントを用いモノトーンに近い色調で、シルクプリントのように白を数回刷り重ね仕上げた。
ROCK & HIP & COOLな現代における風神雷神の世界を表現。

 

UNI02

俵屋宗達の風神雷神図屏風と、酒井抱一の四季花鳥図屏風の2つの大作、
江戸時代からつづく琳派代表作家の新旧の作品を融合させた新しい解釈と試み。
風神雷神は単なる模写にせず、俵屋宗達がイメージの源泉にしたとされる京都三十三間堂の風神雷神像木像(国宝)からさかのぼり、
一度同じ目線に立ち返って再構築し描き出した。
酒井抱一が尾形光琳風神雷神屏風の裏に銀で仕上げた夏秋草図を両面使いで新しいコンセプトで再構成したところにリスペクトし、
今回の作品に彼の大作「四季花鳥図」を再構成し融合させるに至った。

風雷地水図は火、空気、水、土の四大元素(エンペドクレス提唱)にも共通し、この世界を構成する根源であり最小単位。
風(空気)、雷(火や水を構成する自然現象)を風神雷神と見立て、花鳥風月で豊かな日本の四季の美しさを大地(土)として描いた。
このテーマはつまり地球そのもの。

つまり金箔を用いた1枚の絵の中に万物を描き出した。

 

UNI04

imarimpa01

Toraya Kyoto Gallery Venue
虎屋 京都ギャラリー展示風景

 

IMARINPA_poster

IMA RIMPA -Modern Rimpa Crossover Exhibition / Poster
IMA RIMPA -現代の琳派・クロスオーバー展 / ポスター

 

虎屋 京都ギャラリー 「IMA RIMPA-現代の琳派・クロスオーバー展-」開催のお知らせ
IMA RIMPA -現代の琳派・クロスオーバー展 公式サイト
Facebook IMA RIMPA -現代の琳派・クロスオーバー展

BACK