Break Through For The Future2016

"Break Through For The Future"
LEFT 8000 x 2400 mm CENTER 5400 x 2100 mm RIGHT 6000 x 4800 mm

Shop: Pablo Coffee Shinsaibashi OPA Kirei-Kan
Client: Toku Pneumatic Co.,Ltd.
Planning and Production: AQUAVISIONS Inc.
Creative Director: Yutaka Akahoshi
Director: Eiko Taguchi
Planner: Ippei Hatao
Animator: Kenji Yoshikawa
Illustration: Baron Ueda(FR/LAME MONGER)
Supported by Taguchi Industrial Co., Ltd.

解体現場で活躍する重機のアタッチメントを開発販売するメーカー「東空販売株式会社」の環境展2016出展ブースの壁面ビジュアルとノベルティなどの展開のためのアートワーク。1つ1つの展示物が非常に大きい大規模なブース展開。
「Break Through For The Future」のスローガンを念頭に道具を使い現場で活躍する汗臭い男たちを魅力的に描こうという提案が通り、スピード感をもって制作。
企業カラーを意識し、冴えたブルーを効果的に使い全体のイメージをまとめつつあらためてブランドイメージを引き出し構成。
主力の展示物を主役に、それらの背景に広がる作業現場のシーンを表現し、白地の背景のヌケ感も意識し描いた。

 

IMG_4841
スクリーンショット 2017-05-27 7.30.20
スクリーンショット 2017-05-27 7.32.51
スクリーンショット 2017-05-27 7.31.03
ビジュアルイメージは関係者、クライアントはじめ取引先担当者からも好評をいただき、展示会当日も現場で接客するクライアントスタッフの1人から
「3Kとも言われる我々の仕事の現場をカッコよく描いてくれたことで、周りの反響とともに自身の仕事の誇りを高めてくれた」という印象深い評価を頂くに至った。

 

スクリーンショット 2017-05-27 7.24.46
描き出した世界間は近未来の解体現場をイメージした。男性の持つハンドブレーカーや未来的なアームが複数付いた重機も架空のアイデアでデザインし、コスチュームなども世界観を意識しながらオリジナルのデザインでスタイリッシュなイメージで描かれている。
制作されたビジュアルはプレゼンテーション映像のスクリーンにサイネージアニメーションとしても活用された。

 

TOKU2016PIC

環境展2016 TOKUブース展示風景


TOKU 2016環境展 from SONIC & ASSOCIATES INC. on Vimeo.

BACK